イチバン「ブリブリにキマる」おすすめのCBNはどれ?

CBN(カンナビノール)とは、CBDやTHCと肩を並べる三大カンナビノイドの一つです。19世紀に発見され、特にテルペンと相性が良いとされています。この神秘的な成分がなぜ今、注目を集めるのか?

CBNの基本的な情報から、その効果、リスク、そして日本での扱いまで、あなたが知りたいCBNの全てを網羅します。さらに、厳選されたCBNリキッド3選をご紹介。これでCBNの世界にどっぷりと浸かる準備が整います。

結論として、CBNで「ブリブリ」になるというわけではありません。CBNは食欲を増加させる効果がありますが、THCのような「ハイ」になる向精神作用はありません。そのため、CBNは食欲を高めたいと考えている人には良い選択肢となりますが、心地よい陶酔感を求めているなら、それはTHCや他のカンナビノイドに期待するべきでしょう。

「能書きよりサクッとランキングが見たい」という方はコチラをクリックすると、自動で下へスクロールします^^

CBNの成分とは?THCが変化する?

CBNはCBDやTHCに次ぐ、カンナビス由来の成分ですが、実はテルペンと非常に相性がいいんですよ。化学的には、THCが経時劣化してCBNが生成されることもあります。一般的には、CBNは痛みを和らげる作用がありますが、実はそれだけではない。緑内障治療や抗菌作用にも期待されているんです。しかも、ほとんど陶酔作用がないので、安心して使用できます。

CBNの副作用、気になります。アメリカの上場企業、InMed Pharmaceuticalsはこの問題にめっぽう強い。特に肌に起きる厄介な問題、表皮水疱症にCBNがどう効くのかを調べています。この会社は、CBNをかなり高い濃度で試しています。多角的に、神経系の安全性も確認。結果?特に大きな問題は見られなかったそうです。これが示すのは、将来的にCBNが医薬品としての道も開かれる可能性があるってことです。

でも、一歩間違えると怖い結果も。ゼブラフィッシュでのテストでは、CBNによる代謝や毒性の変化が確認されました。ゼブラフィッシュは研究の世界ではよく使われる小さくて透明な魚で、遺伝子の70%が人間と一緒ですからね。とはいえ、この魚と人間、生物学的には違いがあるわけで、InMed Pharmaceuticalsが主に狙っているのは1歳未満の子供たちの病気ですから、安全性にはかなり自信があるはず。総じて、CBNの安全性についてはまだ確認段階。でも、可能性は非常に高そうです。

どうやって働くのか:作用秩序について

CBN(カンナビノール)って、CBD(カンナビジオール)のような破壊力はないけれど、確かにステージに立つ存在です。体内のCB1受容体とCB2受容体、特に後者と仲良くなる傾向があります。ちなみに、CB1は主に脳に、CB2は免疫細胞に多く見られるんですよ。THCがハイにする理由は、CB1に対する強い愛情です。CBNの場合、その愛情はTHCの10分の1以下。だから、THCのような妄想や不安の副作用を心配する必要が少ないのです。多くの研究でもこの点が強調されています。さらに、CB1やCB2に直接作用する能力があるので、CBDやテルペンと一緒に使うと「アントラージュ効果」も期待できます。つまり、複数の成分が一緒になって効果を高めるってわけ。40年も前から、THCと組み合わせると鎮静作用があることが知られていますが、正確な組み合わせ方はまだ謎です。それでも、CBNには鎮静作用があると、多くの研究と実体験が示しています。

世界的なカンナビノイド研究の権威、イーサン・ルッソ博士も、テルペンとCBNのコンボがアントラージュ効果で大活躍すると指摘しています。ちなみに、有名なSteep Hill社は以前、CBNが抗不安薬ジアゼパムと同等の鎮静作用があると発表しました。でも、最近その見解を撤回して、さらなる研究が必要だと言っています。この点については、日本のメディアでも古い情報が出回っているので、注意が必要です。

というわけで、CBNはまだ探求の途中ですが、確かに魅力がありますね。今後も研究が進めば、どんな驚きが待っているか、楽しみです。

抗菌効果も期待されるCBN

恐ろしい感染症、MRSA。この病原体は一般的な抗生物質に耐性を持ち、治療が難しい。しかし、CBNはMRSAに対する抗菌性が高く、既存の抗生物質よりも優れた効果を示しています。

CBNと緑内障、新たな可能性を開拓

アメリカの企業が、CBNを用いた緑内障治療薬の研究に力を入れています。緑内障は眼圧が高くなることで視神経にダメージを与える病気。原因は一概には言えず、血流の乏しさや免疫の異常なども影響するとされます。Cannabisがこの病気に有用かもしれないと注目されたのは、ある裁判がきっかけ。裁判で無罪となったロバート・ランドール氏は、緑内障治療にCannabisを使用していたのです。2020年にInMed Pharmaceuticals社は、CBNを用いた治療薬INM-088の臨床試験を始めました。CBNはCBDやTHCよりも、緑内障における神経保護の効果が高いと報告されています。

食欲増加への応用も

さらにCBNは、食欲増加にも寄与しているとの研究が出ています。この多面的な効能により、CBNは今後さまざまな医療分野での応用が期待されています。カンナビスを手にすると、食欲が増すことが多く、これを俗に「マンチ」と呼んでいます。この効果は、特に緩和ケアで重要な役割を果たしており、医療用カンナビスは食欲減退に悩む重症患者から高く評価されています。2012年の研究で明らかになったこととして、THC以外のカンナビノイドについても注目されています。その中でCBNは、食欲を特に高めることがマウスで確認されました。

「マンチ」という言葉の由来は英語で、もともとは「空腹を満たすスナック」を意味していました。ところが、20世紀にカンナビスを吸う人たちが、スナックが格段に美味しく感じられることに気づき、その用語が生まれたんです。Δ9-THCは抗腫瘍作用などにも期待がかかっていますが、その量は1日あたり2g程度。この量を摂取すると、強烈な精神作用も引き起こしてしまいます。特に初めての人は、気分が沈んでしまう可能性も。ここでCBNが脚光を浴びています。CBNは向精神作用がないため、副作用の心配が少ないのです。

要するに、CBNは「ハイ」になる心配がなく、食欲を増やす効果がある貴重なカンナビノイド。さらに、抗菌作用や神経保護、眼圧の低下、痛みの軽減なども確認されています。

メーカー評価が高いCBNリキッドもあるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。舌の下で数滴、それだけで簡単に摂取できるんですよ。

厳選したCBNリキッド3選:ブリブリ作用はないので安心

今月もCBNリキッドのランキングをお届けします!この月の注目商品でトップに輝いたのは、チラクシー(Chillaxy)のリキッドです^^

このリキッドは特に睡眠とリラクゼーションに優れた効果を持つと評判。
CBNとCBNO(なんとCBNの3倍の強さ!)を主成分としており、多くの
ユーザーからリラックス効果や睡眠の質の向上について高評価を得ています!

Amazonのレビューも多くの点で参考になりますが(以下で詳しくご紹介)、フレーバーに関する意見や、液の封が悪いという点も指摘されています。それでも全体的には高評価で、特に睡眠やリラクゼーションを求める方にはおすすめの一品と言えるでしょう。

 

 

2位:チラクシー:ブルースキットルズ:睡眠とリラクゼーションの強力なサポート

  • メーカー:CHILLAXY
  • 価格:¥8,800 (税込)
  • 特性:ベリー・キャンディのようなフレーバーで、インディカ種フレーバー(ダウン系)。CBN濃度は16.5%。
  • ユーザー評:” 気持ちを和ませ、まったりしたいときにピッタリ。新鮮なベリーと柑橘系の甘酸っぱさが心地よい。”

 

チラクシー公式サイトはコチラから。

 

3位:Naturecan:40% CBD CBN ベイプペン

  • メーカー:Naturecan
  • 特性:CBD 30%, CBN 10%, 天然成分のみ。第三者機関による6段階の品質・安全性テストクリア。
  • ユーザー評:” 天然成分だけで作られているので、安心感があります。体感もしっかりとしていて、非常に満足しています。”

 

ネイチャーカン公式サイトはコチラから。

 

CBNは、高揚感やブリブリになるといった精神作用は少ないが、痛みの緩和、食欲増進、抗菌作用など、多くの有用な効果がある成分です。選りすぐりのCBNリキッド3選を紹介しましたが、Happy9。CHILLAXY、Naturecan、それぞれに特有の魅力があります。

以上、CBNの多面的な可能性と日本で手に入る優れた製品についての情報を提供しました。CBNがもたらす未来はまだ広がりを見せており、どのような進展があるのか、今後が楽しみですね。

以下はマンチー用にお菓子のレシピを載せておきますねー。

CBNミントチョコクッキー、爽やかなひとときを

材料

  1. – バター 100g(CBDバター可)
  2. – 砂糖 80g
  3. – ミントエキス 数滴
  4. – 卵 1個
  5. – 小麦粉 200g

作り方

1. バターを柔らかくする
2. 砂糖とミントエキスを加えてよく混ぜる
3. 卵を加え、さっくりと混ぜ合わせる
4. 小麦粉を加えて混ぜ、生地を作る
5. 生地を成形してオーブンシートに並べる
6. 180度のオーブンで12-15分焼く

ミントの清涼感が新しい。休日の午後にぜひ。

CBNカシューナッツバー、エネルギー補給にも

材料

  1. – カシューナッツ 100g
  2. – ハチミツ 50g
  3. – オートミール 50g
  4. – CBDオイル 数滴

作り方

1. カシューナッツを適当な大きさに刻む
2. ハチミツとオートミール、CBDオイルを混ぜ合わせる
3. 刻んだカシューナッツを加えてよく混ぜる
4. 生地を平らにして、冷蔵庫で1時間冷やす
5. 好みの大きさに切る

シンプルな材料で、エネルギー補給にも最適。

CBNフルーツゼリー、夏にぴったり

材料

  1. – ゼラチン 10g
  2. – 砂糖 40g
  3. – 水 200ml
  4. – お好きなフルーツ 適量
  5. – CBDオイル 数滴

作り方

1. ゼラチンを水でふやかす
2. 砂糖と水を煮溶かす
3. ゼラチンを加えてよく混ぜる
4. CBDオイルを加える
5. フルーツを配り、冷蔵庫で固める

暑い日にはこのフルーツゼリーで涼しさを。

最後に

CBNのお菓子、想像以上に幅広い選択肢がありますね。、今回紹介したレシピはどれも手軽に楽しめます。CBNでさらに豊かな時間を過ごしてみませんか。

 

ランキングのトップへ戻る

 

(Visited 3,492 times, 1 visits today)
CBNをフォローする